2014年04月29日

2Dイラストに3Dを使おう!!≪プロローグT≫

■プロローグT

@『今回はプロローグです。』

本プロローグですが、以前お伝えしてい全一回構成から変更し前編後編の二回に分ける形でお届けさせて頂きたく思います。
当初予定していた以上に規模が膨らんでしまったのが理由となります。


それでは、2Dのイラストに3Dソフトで作ったオブジェクトを合成する方法をご説明する前に、必要となる機材やおすすめのソフトウェアをご紹介したいと思います。本格的な説明はAからになりますので長い文章読みたくないよって方はクロールしてAまで飛んで下さっても大丈夫です。

さて、長文につきあっていただける優しい皆さんにいくつか3Dに挑戦する前もの心構えの話をしたいと思います。みなさん3D用の機材やソフトは2Dと比較しかなり高額であるという印象をお持ちでは無いでしょうか?

そうです、実際の相場はかなり高額です(笑)

でもまあまず、作業用PCについてはそんなに心配はいないという事をお伝えしましょう。
近年高機能低価格化が進んだおかげで随分と3D用PCの敷居は低くなりました。
現在でしたらBTOショップで七万円以上のモデルを買っておけばまぁ本講座で説明する事はすべて実践可能でしょう。詳しいスペック等はまた後程記載します。

というわけで3D製作に使用するPCについては、今このブログを閲覧しているPCや2D製作に使用しているPCで十分だという方も多いでしょうし、仮に購入するとしてもそんなに気張って高いPCを購入する必要はありません。少しは安心して頂けましたでしょうか?

しかしながらソフトウェアの方はまだまだ高いのが現状です。こんなペラペラの円盤がなんでこんなにするんだ!馬鹿なのか!?と叫びたくなるソフトウェアも珍しくありません。

『御三家』
3Dソフトの御三家とされる、Maya,3DSMAX,Softimageは以前に比べ手に入れやすい価格に
成りましたがそれでも50万円程度と正気を疑いたくなるような価格です。
(つい先日Softimageの方は開発打ち切りの上Mayaへの開発チームの統合が発表されましたね…汗)
(画像は公式ウェブサイトより)
3dsmax.jpg


私もMaya,3DSMAXについては勉強しましたが、個人でアカウントを持っているわけではありません。
というか趣味での所有をおすすめ出来るソフトウェアではありません。

3D業界で生きていくぐらいの決意のある方か、若しくは札束でドミノ倒しをするレベルでお金の余ってる人は買うのも一興でしょう。(笑)
ソフトウェア自体は50万円強ですが、サブスクリプション等仕事で運用するための契約や準備をすると1アカウントで初期導入費で100万円とかざらです。

でも大丈夫、当講座では極力個人で安く気軽に入手できるソフトウェアをご紹介し、
それを使いこなすためのノウハウをお話ししていく予定です。

具体的に言えば社会人なら最低五千円程度、もし九万円用意出来れば理想の環境を構築出来ておつりが来ます。
もしあなたが学生なら最低額は同じ五千円程度になりますが、アカデミックライセンスを活用する事によって5万で理想的な環境を構築できるはずです。


A『具体的な機材とソフトウェアについて。』

まず3Dの製作に必要なPCですが、3DでPCに主に負荷をかける部分は主にCPUとグラフィックボードですになります。
なのでもしPCに予算をかけるならばここに重点的にかけることをお勧めします。

今回記事でご紹介させて頂く内容は一般向けののNVIDIA GeForceからオンボードのHD5000等で十分作業を行える内容になっておりますが、
当ブログではクリエイター用のグラフィックボードシリーズであるNVIDIA Quadroシリーズをお勧めしております。


お勧めの理由は主に、3Dソフトウェアに使用されているプログラミング言語の問題とソフトウェアサポートの二点になります。
まず3Dソフトウェアに使用されているプログラミング言語の問題についてですが、
一般的な3Dゲームに使われているプログラミング言語はDirectXなのに対し3D製作ソフトウェアの殆どはopenGL形式になります。
それぞれあまり知られておりませんが、NVIDIA GeForceシリーズはDirectX特化、NVIDIA QuadroシリーズはopenGL特化の設計がされています。
そのため3D製作においてQuadroシリーズはGeForceシリーズに対し圧倒的なパフォーマンスのアドバンテージが得られるのです。

もう一点各3D製作ソフトウェアの公式サポートにおいてNVIDIA Quadroシリーズは最も推奨されサポートされるグラフィックボードとなります。
それに対しNVIDIA GeForceシリーズはエラーが起き易くサポートされる型番が少ないのが問題点となりますので、
安定性という事に置いてNVIDIA Quadroシリーズは圧倒的優位を持っております。

以上の説明を聞くと3D製作を行ううえでNVIDIA Quadroシリーズを選ぶ以外選択肢は無いように思われるかもしれませんが、
NVIDIA QuadroシリーズはNVIDIA GeForceシリーズに比べかなり高価なグラフィックボードになっておりますので、
GeForceシリーズを用いて3D製作を行うスタジオさんも少なからず存在しております。

quadro_k600.jpgquadro_k2000.jpgquadro_k4000.jpgquadro_k5000.jpg
左上から順に
NVIDIA Quadro K600 [PCIExp 1GB]     \20,360~
       Quadro K2000D [PCIExp 2GB] \53,550~
      Quadro K4000 [PCIExp 3GB]   \109,710~
            Quadro K5000 [PCIExp 4GB]   \204,146~
      (記載価格は2014/04/29価格コム最安値)


やはりGeForceシーリーズと比べると高い印象でしょうか?
一応もっと高価格なモデルも存在しています。
どのモデルを導入するかは自分の製作するCGのレベルとお財布に相談が必要ですね。(笑)

より詳しくNVIDIA Quadroシリーズについて知りたい方は以下のサイトさんが詳しく纏めてくれておりますのでそちらを参照するといいでしょう。



私は以前GeForceシリーズを使用していましたが3D製作に運用して基本的な問題は殆どありませんでしたが、高密度のポリゴンや物理演算を行うとエラーが多発する印象でした。(同チップでも型番によってかなり差がありますので、あくまで一個人の感想としてお受け取り下さい。)
現在は財布と相談しQuadroK4000を導入運用しておりますが、正直オーバースペックな印象です。
個人使用ではQuadroK2000あたりが安定でしょうか。

後CPUの性能は3DCGのレンダリング(書き出し)の時間に関係します。レンダリングに時間かかっても良いという方は、そんなにCPUの性能を求める必要はありません。CPUに関しましては最近のMacBook Airでもモデリング&レンダリング作業が可能でした。(3000ポリゴンくらい)

メモリも4Gもあればそうそう困ることは無いでしょうし、これについては追加が簡単に出来ます。

■新規で購入するなら
もし新規で購入されるのであれば性能に対しわりと安価で購入できるドスパラ、マウスコンピューターのBTOがお勧めです。
それぞれ3DCG等のクリエイター向けPCを取り扱っているショップさんになります。一度覗いてみるのもいいでしょう。
その他以下のサイトさんも3DCG向けのPCについてわかりやすく説明しておりますので参考になります。




さて、みなさん。
3D製作を行うためのPCについてなんとなく理解して頂けたでしょうか?

今回のプロローグTはここまでになります。
次回はプロローグUとなりまして、当シリーズで扱うソフトウェアを紹介していく予定です。
どうぞ引き続き宜しくお願いします。

質問等は出来る範囲で対応致しますのでコメント欄にどうぞ。


2014年04月26日

今期のアニメ超豊作です!!

七々々イラスト線画.jpg

ちょこちょこ仕事の合間に書き進めていたイラストの線画をうp。プリンを食べる七々々。
ちょっとパース含め色々適当すぎたので修正してから色塗りするかも。
手を抜かず3Dを使うなりしてパースをとっていればこんな失敗起こりませんね(笑)

どうでもいいですけど昔七人のナナってアニメがありまして、略してナナナなんて呼んでいたりしましたよね。
ほんとどうでもいいですね。

本題ですが、今期のアニメはラノベ原作勢がどれもこれも面白くてたまりません。
私大満足です。
早速今日ノーチェックだったブラック・ブラッドの原作1〜2巻を買ってまいりました。

■龍ヶ嬢七々々の埋蔵金は現在原作の方4巻まで読んでおります。
非常に上手く構成されていて一巻二巻と続き読みしても飽きません。

この作品はお約束ともいえる設定を破綻なく盛り込みまくることによって新しいジャンルに昇華してし
まった意欲作といった感じ。
現代ラノベ風探偵怪盗物語。さらにダンジョンにマジックアイテム要素まで盛り込んだ学園ラブコメといったなんでもござれのびっくり箱です。

ラノベに良くありがちな非常識極まりある設定なのに、シナリオの取り回し方が非常に上手く決してシラケさせません。
読者を上手く騙しつつ、盛り上げ、気持ちのいいフィナーレに導く筆者の腕に感嘆。
私の語彙が少なく魅力をすべて伝えることはできませんがお勧めです!

個人的に今期のアニキャラの中で壱級天災が一推しです。探偵娘最高っす。 描いたイラストが七々々なのは自身の腕と引き換えに男の夢を手に入れた主人公に衝撃を受け共感したから・・・

■ノーゲームノーライフも忘れてはいません!

なにを隠そう私は作者のエアリセ時代からのファンで既刊六巻すべて読み終えています!
アニメ版のシロかわいいです。あんな妹が欲しかった!

これから始まる彼らの快進撃と盛り上がりに期待が高まります。

こないだ発売された第六巻は今までの流れとは少し変わって涙無しには読めない感動作になっており、
過去の歴史が紐解かれ今後の盛り上がりに大いに期待できる終わりになってます。

まさかこの作品にウルリとさせられるとは思ってませんでした(笑)

まだ手にとってない方はぜひ!!間違いなく面白い!

はよ続き下さい!!

魔法科高校の劣等生先日出た13巻までしっかり読んでいるのですが多聞に漏れず面白いです。

どんなお話かと聞かれれば魔法の存在するSF世界で完全無欠にして最強の主人公がひたすら俺強えーするお話になってます。いっそ清清しいほど主人公が圧倒的すぎて笑えます。

周りがどんなピンチな状況に陥っても最強すぎる主人公がどうせ何とかすのでヒヤりとすらしません。

むしろ常に敵が可哀想です。バイキンマン頑張れ的心情です。(笑)

弱点の無いアンパンマンのような主人公が必ず勝利を収めるお話なのですが、綿密に練りこまれた世界観と設定のおかげで、しらけ無しの飽きも無しにここまで読めました。
そろそろ新しい展開というか物語の進展が欲しいです。

しかし、タイトル通り主人公がちゃんと劣等生してるのは最初の一巻だけってどうなのよ(笑)

今期それ以外では漫画原作になりますが極黒のブリュンヒルデ注目です。
なにせ原作はあのエルフェンリートの岡本倫!!漫画の方もメチャオモロ。
重厚感ある世界観にしっかりとフックを作り読者を引き込む腕前は脱帽です。
そして読者サービスも忘れない(笑)ってこの作者の場合無意味な読者サービス
にはなってないんですよね心理描写のための重要なファクターになってます。
ダークSFファンタジー描かせてこの人の右にでる漫画家っているんですかね?ってなもんです。
世界観としてはいつだったか「このミス」の一位を獲った高野和明著のジェノサイドを彷彿とします。

正体不明の存在を相手に登場人物それぞれの立場で立ち向かっていくその様は手に汗握らずにはいられません。
原作の方はまだまだ続刊中なのでアニメをどう落としどころ着けるのかも見所です。

アニメ第一話の最後主人公が言った一言「お前それ、魔法じゃねえよ!」にツボッたのは私だけじゃないはず(笑)

今期その他のアニメも含め魅力的なキャラが多いので落書きしたくてうずうずです。


2D&3Dに関しても準備が出来次第投稿してまいりますので、このブログを覗いてくださっている数少ない皆様
引き続きどうぞ宜しくお願い致します〜





ラベル:日記 イラスト
posted by つきよの at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

2Dイラストに3Dを使おう!!≪前説≫

■2Dイラストに3Dを使おう!!≪前説≫

当ブログを拝見頂いている貴重な皆様こんにちは。

このブログを開設し早10日。
お待たせしました。ようやくこのブログのメインである
2D&3Dという題材に触れ行こうかと思います。

今回は前説という事でレジュメをお送りさせて頂きます。

ザックリとした内容となっておりますが、当ブログのメインコンテンツの
更新は以下の内容で行いたいと思っております。

=================================

プロローグ :必要となる機材、ソフトウェアについて。安く3Dを作ろう。 (全1回)


第一幕   :2Dイラストの一部に3Dで制作したオブジェクトを合成する。(全6回)
   
    
第二幕   :2Dイラストの背景を3Dで作成する。            (未定)


第三幕   :2Dイラストのエフェクトを3Dで作成する。         (未定)

=================================

以上、プロローグ〜三幕迄を合わせまして
『2Dイラストの製作に3Dを使おう!!』の第一章としてお送りしたいと考えています。

内容としてはゼロから3Dを始める方を軽くサポートしつつ、メインは2Dと3DのFIXノ
ウハウに焦点をあて記述する予定です。

一応第一章が終了次第、第二章の方も予定しておりまして、そちらはより専門的な
ソフトウェアを活用しゲーム製作にも応用出来る大規模景観を作製していく予定です。

記事の更新間隔はメインコンテンツを週一目安、その他雑記をまばらにと考えておりま
すが、多少前後する可能性があります。

質問、感想、要望等コメント欄に書きこんで頂きましたら可能な範囲で対応致します。

それでは第一回目プロローグの更新まで少々お待ちください。

2014年04月14日

ラノベ原作『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』のアニメ放送がスタート!!

『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』、ライトノベル原作のアニメの放送が開始されています。
まだ私アニメの方視聴していないのですが、原作は読破済み!
第13回えんため大賞「大賞」受賞作品だけあってかなり面白いです。
アニメ公式サイト→http://www.nanana.tv/

アニメのキャラデザインはは原作の赤りんごさんのキャラデザのイメージとはまた少し変わった趣になっており、
彼らが画面の中でどう活躍するのか楽しみです!!

それはそうと『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金パズル』App Storeにて配信中です。
このゲーム、私も少しだけ製作のお手伝いさせて頂いているので良かったらプレイしてみてください!!
posted by つきよの at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

■レビュー『Cintiq Companion』を使ってみて。(約半年)

■『Cintiq Companion』購入レビュー
http://tablet.wacom.co.jp/buddy/product/cintiqcompanion/

1472951_373754709427020_913917252_n.jpg

昨年購入したCintiq Companionの使用評価です。(私が買ったのは256GBモデルです)

Cintiqシリーズとしてはすでに購入使用している『Cintiq 21UX』『Cintiq24HD touch』に次いで三台目の導入になりますので、そこら辺の比較も含めメリットとデメリットなどレビューしたいと思います。
_____________________________________

@液晶タブレットとして


★メリット:
文句なしのブラシフィーリング。ペンタブレットの性能としてはカタログ通りで『Cintiq24HD touch』とほぼ同一のフィーリング、レスポンスが外出先でも得られます。

 ▲デメリット:
私は仕事でペインティングを行う際液晶タブレットのファンクションキーにキャンバス表示の拡大縮小を割り当て使用するのですが、当機体にはスクラッチバー が付属していないのでキーボードなどの別途外部入力機に割り当て使用する事となりました。ファンクションキーを多用するタイプの方は使用時のネックになり そうな点です。

注意(液晶タブレットには画面端にてポイントが安定しない特有の症状があります。本機体でもそれは改善されておらず、画面のサイズから致命的ともいえる欠陥になっています。画面端付近のアプリケーションボタン操作が大変しずらいです。)

______________________________________

A使用ソフトについて

メリット:
私が仕事で日常的に使う『Adobe CC』『Adobe Photoshop CS5』『ペイントツールSAI』以上三点のソフトは問題なく動作、使用できました。レスポンスも問題ありません。(ペイントツールSAIのみOSの問題で互換モードで起動する必要あり。)

▲デメリット1:
前にも記述致しましたが、画面のサイズの割に解像度が高いので、当デバイスではソフトウェアのメニュー等がかなり小さく表示されることになります。作業中ブラシ先変更や細かいメニュー設定など行 う際誤って別のメニューに触れてしまう誤動作に苛立ちを覚えるのは私だけではないはず。かなり慎重に行っても完全には回避できません。(画面端でポイント が安定しないこともあり画面拡大するつもりが×を押してしまい危うく終了しかけたり。)現時点で『Cintiq Companion』を使用する上でこれが一番の問題点となりそうです。

▲デメリット2:
OSがウィンドウズ8になっているため対応ソフトウェアには十分注意して導入を行う必要があります。
______________________________________

B持ち運び、外出先での使用について

 ★メリット:持ち運び
ノートパソコンを日常的に持ち歩いている方ならば、この『Cintiq Companion』も問題なく持ち運べるであろうサイズに収まっている事。コンセントの無い場所でもこのデバイスでスケッチをする事ができます。

▲デメリット1:バッテリー
私は基本的にコンセントのある所でしか使用していないため問題ありませんが、カタログスペックである5時間は実質持ちません。実際仕事でWifi、 Bluetoothをオンにし使用した場合3時間強の持ち時間となっています。そのためこれ一台を持って喫茶店をマイオフィスに、などのイラストレー タの夢は残念ですが叶えられないと言っていいでしょう。

▲デメリット2:重量
等機体はタブレットながらタブレットとしての完成度は残念ながらあまり高くありません。実際に外出先での仕事使用を前提とするのであれば、最低でもACア ダプタ、スタンド、キーボード、マウス、外部メモリ(USBフラッシュメモリ、コンパクトHD)は必要です。私はオプションの wacomBluetoothキーボード、マウスはLogicoolのT620、ブラシとキャンパスの拡大縮小用にPowerMate USB、など本体を含め7点を一セットとして持ち歩く予定ですが、総重量は余裕の3キロ超えとなりますので気軽にどこでも持ち歩くというのは難しいかもし れません。
持ち運びには精密機材に対応したキャリーバッグを推奨します。
私はその他の機材の関係上普段から出勤、外出にキャリーケースを使用しているのですが、それでもこのデバイスありなしではかなり体感重量が異なります。デバイスは精密機器なので対ショックには十分注意してください。
______________________________________

■総評
・外出先で扱える液晶タブレットPCとしては間違いなく最高のデバイス!
しかし購入はあくまで二台目の液晶タブレットとして検討するべき。
・液晶タブレット外出先でペインティングを行う必要が有れば購入するのはあり。
 
現状存在する筆圧感知タブレットにおいては性能、使用感共に随一である事は間違いなしです。現時点で自宅用液晶タブレットを保有しており外出先で使用でき る物を探しているというのであれば、すべてのデメリットを含めた上でこれ以外の選択肢は考慮しなくても良いという完成度にはなっています。また今回256GBと 512GBが発売されておりますが、それ以外のスペックは基本的に変わりませんので外部メモリを持ち歩けば価格的に512GBを選択する理由はあまりな さそうです。
ただ、反対に自宅での使用を考えた場合既に『Cintiq 21UX』『Cintiq24HD touch』などを保有していればその出番は無いでしょう。『Cintiq Companion』の完成度は非常に高いですが、ファンクションキー、画面のサイズ、OSの自由度など細かい面で仕事の妨げになる要素はぬぐいきれません。あくまで当デバイスは飛び道具でありメインツールとして使用するには欠陥だらけです。
メインの液晶タブレットとしての使用を前提とするならば迷わず同価格帯の『Cintiq24HD』などを選択するべきでしょう。

私は仕事柄外出先で当デバイスを多用しますが、それでも半年間で総使用時間は百数十時間程度です。

購入考えている方など参考にしていただけると幸いです。以上『Cintiq Companion』レビューでした。

1472862_372690929533398_1543211264_n.jpg
posted by つきよの at 10:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする