2014年05月06日

2Dイラストに3Dを使おう!!≪プロローグU≫

■プロローグU

◆まずはじめに。

さて前回にあたりますプロローグTは、導入から機材編という事でお送りさせて頂きましたが、如何でしたでしょうか?今回はプロローグUと題してソフトウェア編をお送りさせて頂こうと思います。どうぞ最後までごゆるりとお付き合い下さい。



◆当ブログが2D合成用としてお勧めする3Dソフトウェアについて。

前回もお話させて頂きましたが統合開発3Dソフトウェアというのは大変高価になります。ですので当ブログでは「3Dをはじめてみたい!」という方に安価で導入のしやすい二本の3Dソフトウェアをピックアップしお勧めしたいと思います。

もちろんmayaをはじめとしたハイエンドの統合開発ソフトウェアでも、当ブログで紹介させて頂く2Dイラストに3Dを合成するという内容は実践可能になります。ですが、むしろそういったソフトウェアは多機能すぎて各ツールへアクセスするさいにタイムロスが発生しがちになります。そういう意味でも自分の目的に合ったソフトウェアを選ぶ事が大事なのです。



◆おすすめソフトはshade3DとMetasequoia!

ズバリ『2Dイラストに3Dを使おう!!』のコーナーではe-frontier社のshade3Dとテトラフェイス社のMetasequoiaをお勧めし、使用していきます。
両ソフトウェアは共に純国産3Dソフトウェアとして高い知名度と普及率を持っていること有名です。3Dぬに触れたことの無い人でも、名前くらいは聞いた事のある人が多いのではないでしょうか?


◆破格の純国産統合開発ソフト『shade3D』

shadeimage.jpg

まずshade3Dというソフトウェアから説明させて頂きます。
同ソフトウェアは安価ながら統合開発ソフトウェアとして高いレベルで完成してる純国産の3DCG制作ソフトです。
高度な3Dアニメーションや物理シュミレーションを苦手とするものの、平面作品とてアウトプットするのには困らないだけの機能がパッケージングされており、日本において屈指の普及率を誇ります。普及率=HOWTO関係の充実に直結する等業界では比較的勉強のしやすい3Dソフトウェアであると言えるでしょう。そして気になる価格はそれぞれ以下の通りです。

Shade 3D Basic ver.14:9000円/アカデミック無し
Shade 3D Standard ver.14:35000円/18000円
Shade 3D Professional ver.14:86000円/43000円
(e-frontierオンラインショップダウンロード版価格:通常価格/アカデミック価格)
(ヨドバシカメラで確認した所なんとshadeはアカデミック版と通常版で商用部分など特に利用制限に差が無いそうなので学生は迷わず学生版を買ってしまって良いでしょう。)

この価格を安いと思うか高いと思うかは個人の感覚に依りますが、シェアウェアーの統合開発ソフトとしては現状最安ではないでしょうか?
このブログで取り扱う内容shade3D,Standard verを基準としそれ以上のソフトウェアがあれば実践可能な内容となっております。


maya等のハイエンドソフトへの乗り換えを考えないのであればStandard verよりProfessional verの導入を強くオススメ致します。Professional verがあればまず2Dアウトプット形式の3DCG制作で困る事は無いでしょう。

Professional verの価格はStandard verと比較し倍以上になりますが、レンダリング解像度の自由度を筆頭下位バージョンでは得られない多大な恩恵を得られる事が出来るからです。
詳しいバージョン比較は以下のURLを参照下さい。
(shadeグレード別比較表:

また当ブログで扱う予定は今の所ありませんが、このshadeというソフトは自由曲面モデリングという独自のモデリング方法を保有しています。この自由曲面はmayaで言う所のNURBSにあたり同部分において両ソフトは非常に親和性の高いモデリングノウハウを持ちます。

つまりshadeというソフトウェアを勉強しておきますと、仮に必要に迫られてmayaに乗り換える必要が出たとき、shadeで培った経験をそのままmayaに引き継げるという事になります。ここら辺が私がLightWaveよりshadeをオススメする理由の一つです。まあ、私自身勉強中でそんなにmayaが使えないのですが(笑)

先ほど申し上げたLightWaveというソフトに関して少し言及致しますと、数年前同ソフトはshadeより確実にオススメできる低価格3Dソフトウェアの筆頭でした。(特にアニメーションにおいて)しかし、現在ではshadeの一番上のモデルと比較し1,5倍程価格になっており、モデリング目的で同ソフトウェアを購入するのであれば、MODOというソフトウェアの方が機能的、将来性的にオススメです。
またアニメーション目的であるならば、もう少しお金を貯め御三家かC4Dというソフトを導入する方が将来性もあり機能的にも全てが勝るというのがクリエイター共通の認識ではないでしょうか?

またshadeにつきましてはShadeGridという分散コンピューティングを利用したレンダリングが可能になりました。もとよりレンダリングクオリティーは高かったソフトウェアなのですが時間の面でも化けたのが印象的です。

しかしデザイナーさんにおいてはphotoshopと同じベジェ曲線でモデリングが出来るソフトウェアであるという事の方がshade3Dの殺し文句かもしれませんね。(CVカーブで使い慣れている人にとってはマイナスポイントかもしれませんが・・・)この特徴のおかげで、イラレで作ったベジェ曲線をshadeに持ってきて立体化という芸当も可能です。(詳しい方法等はグーグル先生参照の事)



◆絵を描く感覚でモデリングをしよう『Metasequoia』
metasequoiaimage.jpg


言わずと知れた純国産有名3Dソフトウェアです。このソフトウェアを一躍有名にしたのはMMD(ミクミクダンス)というソフトによる所が大きいかもしれません。MMDとはフリーソフトながら誰でも簡単に既存のキャラクターモデルを使用し、キャラクターアニメーションを組む事が出来るソフトウェアです。同ソフトウェアで制作された数多くの動画はニコニコ動画に投稿されており、誰でも閲覧出来るのが大きな特徴の一つです。このMMDでアニメーションを付ける為のキャラクターモデルの数多くがMetasequoiaによってモデリングされました。


同ソフトは基本面張りメインのモデリング用ソフトになります。しかし有志によって作成された数多のプラグインが存在するのが特徴で、本来機能に搭載されないキャラクターモデルのボーンリグまで可能だったりします。(現在Metasequoia4へのプラグインが未対応の物が多くリグも組めなくなっています。旧バージョンであれば導入可能。)

非常に直感的かつスピーディーな操作でモデリングが行えるオススメモデリングソフトです。欠点としては統合開発ソフトに対しモデリング方法や頂点や辺の自動選択がかなり限定されるため、ポリゴン数の多いモデルや精度を要求されるモデリングは困難である事が挙げられます。
Metasequoiaのエディションと価格は以下の通りです。

Metasequoia 4 Standard:5,400円
Metasequoia 4 EX   :19,980円

公式サイト価格ページURL:http://www.metaseq.net/jp/purchase.html
エディション機能比較URL :http://www.metaseq.net/jp/version.html
(Metasequoiaにアカデミックバージョンはありません。)


当コーナーで使用を予定しているMetasequoiaの機能は全てstandardエディションで再現できるよう予定計画しておりますが、お金に余裕がある場合はEXエディションの導入をお勧め致します。また、バージョン4以前のシェアウェア版Metasequoiaをお持ちの方はそのままご使用頂けます。



◆それぞれのソフトウェアのいいとこどりをしよう!

モデリングソフトであるMetasequoiaだけでは2Dに3Dを合成する事は出来ません。しかしながら統合開発ソフトであるshade3Dはそれ単体で同内容を行う事が出来てしまいます。
もちろんshadeだけでも全く問題は無いですし、両ソフトを揃えるより価格も安く抑えられるのでそれも一つの方法でしょう。
しかし私は当ブログにて両ソフトのいいとこ取りをした制作方法をお勧めし紹介する予定です。

Metasequoiaは絵を描く感覚でモデリング出来るソフトウェアです。
私が2D合成用に行っているモデリングの手順を簡単に説明させて頂くと、@2Dの下絵を用意します。Aそれを元にMetasequoiaで輪郭をなぞり、立体化。ラフモデルを作成します。Bその後shade3Dへ移動しMetasequoiaが苦手とする形状のパーツや細部の調整など全体のクオリティーアップを行います。といった順序になります。
この手法ですと、3Dでやりがちな過度のディテールを詰め込みすぎてしまうという失敗をおかさずに、3Dにマッチするディテールレベルでのモデリングが自然と出来るいう寸法です。



◆どうしてもお金を出したくないと言う人へ。

さて皆さん、shade3DとMetasequoia、二本のソフトウェアについて多少なりご理解頂けたでしょうか?この二本については相場的にかなり安価とはいえなかなかのお値段。懐事情とご相談の上導入検討しましょう。

もし、『3Dなんかにお金は一円も出せない!だけど俺はどうしても3Dがやりたいんだ!』という方がいらっしゃいましたら、Blenderというソフトウェアをオススメ致します。実はこのソフトウェアはフリーウェア(完全無料)の3Dソフトながらshade3Dより遥かに高性能な統合開発ソフトになってます。
もともとはシャアウェアだったソフトがオープンソース化した物で、このソフトウェアを使いこなせればコーナーで説明する事は全部実践可能になります。


しかしこのソフトには唯一にして最大の欠点があります。
それは、かなりユニークな独自路線を完全独走で突っ走るスタイルだと言う事です。なんだかんだで他3Dソフトには様々な共通点があり、どれか1本覚えれば2本目は一本目よりはやく習得する事が出来きます。UIも多少類似していますので、一本覚えればなんとなく別のソフトも操作できてしまったりといった感じになります。
しかしこのBlenderというソフト、再度繰り返し言わせて頂きますが、完全独自路線で制作されたソフトになります。
他ソフトを覚えてから使用しようとすると混乱のどん底に突き落とされます。むろんBlenderを覚えてから他ソフトに移行するのも同様の苦労が必要です。
例えるならば、いきなり知らない国に放り込まれ、今までと反対の腕を利き腕として生活しなくては行けなくなったというような茫漠の境地。ちょっと大げさかもしれませんがBlenderを使った経験のある人の同意は得られるのではないでしょうか?(笑)


そんな感じなのでいきなりBlenderから3Dをはじめるのはとてもオススメ出来ないのですが、無料という事実には変えられない物があります。ですのでBlenderに挑戦しようという方は一度手を出すと引き返せなくなる恐れもありますので、覚悟を決めた上で頑張ってみて下さい。
一応以下に初心者向けチュートリアルサイトのURLを張っておきます。

blenderimage.jpg
Blender:

ニホン ブイ・ティ・アール ジッケンシツ:
http://nvtrlab.jp/column/2-1(大変わかりやすくblenderが学べます。)

◆まとめ

さて、みなさんこれでプロローグUの内容は終了となります。

今回と前回でこのコーナーで使用する機材やソフトウェアの目安についてある程度ご理解頂けたと思います。
一応念のための確認となりますが、このコーナーはすでに2DのCGイラストが描ける事を前提に進めさせて頂いております。プロローグではご説明致しませんでしたが、3DCG制作にはUVと呼ばれるテクスチャーを描く為にペイントソフトが必要となります、それにはphotoshop、sai、等、普段ご自身がお使いになっている物のご使用をオススメしております。

また本コーナーは3DCGとしては初心者〜中級者向けであり、多少独自のノウハウの+αはありますが、ゲームコンテンツ業界では当たり前に実践されている内容が多く含まれます、ご了承下さい。

次回は『特別編(前編)』とし、実際に今回紹介したソフトウェアを使用し武器のモデリングを行った様子をお届けします。
一応、制作行程の録画は済んでおりまして、これからアドビプレミアのリハビリを兼ね、編集を行う予定になっております。
お届けまでにそう間は開かないはず。

それでは皆さんここまでお付き合い頂きまして有り難うございました。
意見、感想等はコメント欄にお寄せ下さい。

今回ご紹介させて頂いたソフトとかけまして、shade3DとMetasequoiaと解きます。その心はニホン(二本、日本)のソフトです。

それではおあとが宜しいようで。


2014年04月29日

2Dイラストに3Dを使おう!!≪プロローグT≫

■プロローグT

@『今回はプロローグです。』

本プロローグですが、以前お伝えしてい全一回構成から変更し前編後編の二回に分ける形でお届けさせて頂きたく思います。
当初予定していた以上に規模が膨らんでしまったのが理由となります。


それでは、2Dのイラストに3Dソフトで作ったオブジェクトを合成する方法をご説明する前に、必要となる機材やおすすめのソフトウェアをご紹介したいと思います。本格的な説明はAからになりますので長い文章読みたくないよって方はクロールしてAまで飛んで下さっても大丈夫です。

さて、長文につきあっていただける優しい皆さんにいくつか3Dに挑戦する前もの心構えの話をしたいと思います。みなさん3D用の機材やソフトは2Dと比較しかなり高額であるという印象をお持ちでは無いでしょうか?

そうです、実際の相場はかなり高額です(笑)

でもまあまず、作業用PCについてはそんなに心配はいないという事をお伝えしましょう。
近年高機能低価格化が進んだおかげで随分と3D用PCの敷居は低くなりました。
現在でしたらBTOショップで七万円以上のモデルを買っておけばまぁ本講座で説明する事はすべて実践可能でしょう。詳しいスペック等はまた後程記載します。

というわけで3D製作に使用するPCについては、今このブログを閲覧しているPCや2D製作に使用しているPCで十分だという方も多いでしょうし、仮に購入するとしてもそんなに気張って高いPCを購入する必要はありません。少しは安心して頂けましたでしょうか?

しかしながらソフトウェアの方はまだまだ高いのが現状です。こんなペラペラの円盤がなんでこんなにするんだ!馬鹿なのか!?と叫びたくなるソフトウェアも珍しくありません。

『御三家』
3Dソフトの御三家とされる、Maya,3DSMAX,Softimageは以前に比べ手に入れやすい価格に
成りましたがそれでも50万円程度と正気を疑いたくなるような価格です。
(つい先日Softimageの方は開発打ち切りの上Mayaへの開発チームの統合が発表されましたね…汗)
(画像は公式ウェブサイトより)
3dsmax.jpg


私もMaya,3DSMAXについては勉強しましたが、個人でアカウントを持っているわけではありません。
というか趣味での所有をおすすめ出来るソフトウェアではありません。

3D業界で生きていくぐらいの決意のある方か、若しくは札束でドミノ倒しをするレベルでお金の余ってる人は買うのも一興でしょう。(笑)
ソフトウェア自体は50万円強ですが、サブスクリプション等仕事で運用するための契約や準備をすると1アカウントで初期導入費で100万円とかざらです。

でも大丈夫、当講座では極力個人で安く気軽に入手できるソフトウェアをご紹介し、
それを使いこなすためのノウハウをお話ししていく予定です。

具体的に言えば社会人なら最低五千円程度、もし九万円用意出来れば理想の環境を構築出来ておつりが来ます。
もしあなたが学生なら最低額は同じ五千円程度になりますが、アカデミックライセンスを活用する事によって5万で理想的な環境を構築できるはずです。


A『具体的な機材とソフトウェアについて。』

まず3Dの製作に必要なPCですが、3DでPCに主に負荷をかける部分は主にCPUとグラフィックボードですになります。
なのでもしPCに予算をかけるならばここに重点的にかけることをお勧めします。

今回記事でご紹介させて頂く内容は一般向けののNVIDIA GeForceからオンボードのHD5000等で十分作業を行える内容になっておりますが、
当ブログではクリエイター用のグラフィックボードシリーズであるNVIDIA Quadroシリーズをお勧めしております。


お勧めの理由は主に、3Dソフトウェアに使用されているプログラミング言語の問題とソフトウェアサポートの二点になります。
まず3Dソフトウェアに使用されているプログラミング言語の問題についてですが、
一般的な3Dゲームに使われているプログラミング言語はDirectXなのに対し3D製作ソフトウェアの殆どはopenGL形式になります。
それぞれあまり知られておりませんが、NVIDIA GeForceシリーズはDirectX特化、NVIDIA QuadroシリーズはopenGL特化の設計がされています。
そのため3D製作においてQuadroシリーズはGeForceシリーズに対し圧倒的なパフォーマンスのアドバンテージが得られるのです。

もう一点各3D製作ソフトウェアの公式サポートにおいてNVIDIA Quadroシリーズは最も推奨されサポートされるグラフィックボードとなります。
それに対しNVIDIA GeForceシリーズはエラーが起き易くサポートされる型番が少ないのが問題点となりますので、
安定性という事に置いてNVIDIA Quadroシリーズは圧倒的優位を持っております。

以上の説明を聞くと3D製作を行ううえでNVIDIA Quadroシリーズを選ぶ以外選択肢は無いように思われるかもしれませんが、
NVIDIA QuadroシリーズはNVIDIA GeForceシリーズに比べかなり高価なグラフィックボードになっておりますので、
GeForceシリーズを用いて3D製作を行うスタジオさんも少なからず存在しております。

quadro_k600.jpgquadro_k2000.jpgquadro_k4000.jpgquadro_k5000.jpg
左上から順に
NVIDIA Quadro K600 [PCIExp 1GB]     \20,360~
       Quadro K2000D [PCIExp 2GB] \53,550~
      Quadro K4000 [PCIExp 3GB]   \109,710~
            Quadro K5000 [PCIExp 4GB]   \204,146~
      (記載価格は2014/04/29価格コム最安値)


やはりGeForceシーリーズと比べると高い印象でしょうか?
一応もっと高価格なモデルも存在しています。
どのモデルを導入するかは自分の製作するCGのレベルとお財布に相談が必要ですね。(笑)

より詳しくNVIDIA Quadroシリーズについて知りたい方は以下のサイトさんが詳しく纏めてくれておりますのでそちらを参照するといいでしょう。



私は以前GeForceシリーズを使用していましたが3D製作に運用して基本的な問題は殆どありませんでしたが、高密度のポリゴンや物理演算を行うとエラーが多発する印象でした。(同チップでも型番によってかなり差がありますので、あくまで一個人の感想としてお受け取り下さい。)
現在は財布と相談しQuadroK4000を導入運用しておりますが、正直オーバースペックな印象です。
個人使用ではQuadroK2000あたりが安定でしょうか。

後CPUの性能は3DCGのレンダリング(書き出し)の時間に関係します。レンダリングに時間かかっても良いという方は、そんなにCPUの性能を求める必要はありません。CPUに関しましては最近のMacBook Airでもモデリング&レンダリング作業が可能でした。(3000ポリゴンくらい)

メモリも4Gもあればそうそう困ることは無いでしょうし、これについては追加が簡単に出来ます。

■新規で購入するなら
もし新規で購入されるのであれば性能に対しわりと安価で購入できるドスパラ、マウスコンピューターのBTOがお勧めです。
それぞれ3DCG等のクリエイター向けPCを取り扱っているショップさんになります。一度覗いてみるのもいいでしょう。
その他以下のサイトさんも3DCG向けのPCについてわかりやすく説明しておりますので参考になります。




さて、みなさん。
3D製作を行うためのPCについてなんとなく理解して頂けたでしょうか?

今回のプロローグTはここまでになります。
次回はプロローグUとなりまして、当シリーズで扱うソフトウェアを紹介していく予定です。
どうぞ引き続き宜しくお願いします。

質問等は出来る範囲で対応致しますのでコメント欄にどうぞ。

2014年04月21日

2Dイラストに3Dを使おう!!≪前説≫

■2Dイラストに3Dを使おう!!≪前説≫

当ブログを拝見頂いている貴重な皆様こんにちは。

このブログを開設し早10日。
お待たせしました。ようやくこのブログのメインである
2D&3Dという題材に触れ行こうかと思います。

今回は前説という事でレジュメをお送りさせて頂きます。

ザックリとした内容となっておりますが、当ブログのメインコンテンツの
更新は以下の内容で行いたいと思っております。

=================================

プロローグ :必要となる機材、ソフトウェアについて。安く3Dを作ろう。 (全1回)


第一幕   :2Dイラストの一部に3Dで制作したオブジェクトを合成する。(全6回)
   
    
第二幕   :2Dイラストの背景を3Dで作成する。            (未定)


第三幕   :2Dイラストのエフェクトを3Dで作成する。         (未定)

=================================

以上、プロローグ〜三幕迄を合わせまして
『2Dイラストの製作に3Dを使おう!!』の第一章としてお送りしたいと考えています。

内容としてはゼロから3Dを始める方を軽くサポートしつつ、メインは2Dと3DのFIXノ
ウハウに焦点をあて記述する予定です。

一応第一章が終了次第、第二章の方も予定しておりまして、そちらはより専門的な
ソフトウェアを活用しゲーム製作にも応用出来る大規模景観を作製していく予定です。

記事の更新間隔はメインコンテンツを週一目安、その他雑記をまばらにと考えておりま
すが、多少前後する可能性があります。

質問、感想、要望等コメント欄に書きこんで頂きましたら可能な範囲で対応致します。

それでは第一回目プロローグの更新まで少々お待ちください。